葬儀に関するQ&A

トップページ > 葬儀に関するQ&A

事前準備について

  • 事前相談や葬儀社をあらかじめ決めておくことは不謹慎ではありませんか?
  • 「二人に一人は身内の不幸が起こる前に依頼する葬儀社を決めている」という最近のデータ結果から考えると、すでに事前相談は一般化しているといえます。弊社のお客様アンケートでも、事前相談をした上で葬儀をされたご家族から、「事前相談をしておいて助かった」「事前相談のおかげで迷わずにすんだ」との回答をお寄せいただいています。 

    ※以下は事前相談をされたご家族のコメントです。
    ・葬儀費用は決して安くはないので、生前にしっかり決めておくべきだと思います。
    ・事前相談をしておいたことで、万が一の心配や悩みが解消され、看病に専念することができました。
    ・家族の葬儀について話すのは辛かったが、大切な人の最後だからこそ、納得のいくものにしたかった。
  • 葬儀の経験や知識がなくて不安です。 葬儀の準備はどうすればいいですか?
  • 葬儀費用や内容は百人百通りです。 まず、葬儀についての希望をイメージしていただき、弊社担当者から具体的な説明を受けるとともに、必ず見積書を受け取ることをおすすめいたします。 ポイントは、葬儀規模(訃報連絡先、参列者人数)をざっくりと予測することと、葬儀場所について考えておくことです。 その際には、喪主やご親戚の中心となる方を決めておかれるとスムーズにご準備いただけます。

    ※慌てないために、あらかじめ下記について準備しておかれることをおすすめいたします。
    1.訃報連絡のための通知先リスト
    2.ご安置場所の選定(ご自宅もしくは弊社安置施設)
    3.宗教の有無/宗旨宗派の確認(正確な宗旨宗派名と、お付き合いのある宗教者の連絡先など)
    4.遺影写真の原稿(ネガではないもの、ただし各種データは使用できます)
    5.家紋の確認
    6.ご愛用品(副葬品:お棺の中に納めてさしあげたいもの)

葬儀について

  • いざという時は、最初にどのようにしたらいいですか?
  • 【ご自宅でお亡くなりの場合】
    まず、かかりつけの医師に連絡し、死亡診断書を発行していただきます。
    (かかりつけの医師がない場合は、すぐに警察に連絡します。)
    その後、弊社(TEL:0120-114248)までご連絡下さい。係員がご自宅に伺います。

    【病院でお亡くなりの場合】
    医師による死亡確認を受け、看護師の方へ寝台車のお迎え時間をご確認ください。
    その後、弊社(TEL:0120-114248)までご連絡下さい。係員がお迎えに上がります。
  • 葬儀社へ連絡する時には、どんなことを伝えたらよいのでしょうか?
  • ①ご自宅の住所と電話番号、②亡くなられた方のお名前、③お迎え場所(病院名など)と時間、④安置場所(ご自宅または弊社安置施設)をお知らせください。
    ※弊社は24時間365日受付しておりますので、早朝深夜を問わず係員が速やかに対応いたします。
    (TEL:0120-114248)
  • 連絡後、葬儀社はどのようなことをしてくれますか?
  • まず、お迎え時間に専用車(寝台車)と一緒に、係員がお伺いします。
    ご遺体の安置後すぐに、火葬場と式場の予約を行います。そして、通夜、葬儀告別式、初七日までの葬儀全般についての打合せを行います。
    なお、弊社の生前予約制度にご登録の方は、関係書類の確認後、ご要望に応じて予約内容の調整をいたします。
  • 遺影用写真はどのようなものを選んだらよいのでしょうか?
  • なるべくピントが合っていること、正面を向いていらっしゃること、そして人柄が偲ばれるような表情のお写真を数枚ご用意ください。経験豊富な係員が写真選びのお手伝いもいたします。
  • 遺影は小さな写真やスナップ写真からも作れますか?
  • 集合写真や記念写真など、ご本人が小さく写っている写真からも遺影を作ることができます。
    背景の変更やお召しもの(着衣)の変更も可能ですのでご安心ください。
  • 本人の好きだった花で祭壇を飾ることはできますか?
  • 最近では、お葬式の祭壇に色とりどりのお花を飾ることが一般的になっています。
    ご本人のお好きだったお花、その人らしさが偲ばれるお花など、いろいろなアレンジが可能ですので遠慮なくご相談ください。
  • 無宗教のお葬式をしたいのですが、どうしたらよいのでしょうか?
  • 無宗教形式葬儀の場合、従来のお葬式とは進め方が異なるため不安な方が多いようですが、弊社は無宗教形式葬儀実績も多数ありますので、安心してお任せください。
    ただし、お付き合いのある宗教者様(お寺など)がいらっしゃる場合は、葬儀後の不都合を避けるためにも、あらかじめご相談をしておくことが大切です。あわせてご親戚のみなさんにも無宗教形式で執り行うことを事前に伝えておきましょう。
  • お付き合いをしている宗教者(お寺など)がありません。どうしたらよいのでしょうか?
  • ご安心下さい。弊社で宗教者様をご紹介させていただきます。
    なお、事前に宗旨宗派のご確認をお願いします。
  • お坊さんへの御礼(お布施)金額はいくら包めばよいのでしょうか?
  • お布施金額は宗旨宗派や地域によっても異なりますし、お寺さんとご家族の関係によっても異なります。
    ご家族の負担にならないようアドバイスさせていただきますので、事前にご相談ください。
  • 自宅はマンションです。お葬式までの間、遺体の安置はどうしたらよいのでしょうか?
  • マンションの場合、お棺や担架がエレベーターに入らないなどの問題が発生します。
    また、賃貸住宅では家主がご遺体の搬入をお断りする場合があるようですが、弊社でご安置場所をご用意いたしますのでご安心ください。
    光倫会舘安置室は、24時間365日お引き受けいたしますので病院などから直接お入りいただけます。
  • お迎えの車(寝台車)には何名同乗できますか?また、必ず同乗しなくてはいけませんか?
  • 車種にもよりますが付き添いの方1~2名の同乗が可能です。
    また、必ず誰かが同乗しなくてはいけないという決まりはありません。
  • 葬儀代金はいつ支払うのですか?
  • 葬儀後約2~3日で請求書を発行し、ご確認後およそ1週間以内のお支払いをお願いしております。
    なお、葬儀社への支払いの他に、お寺さんへのお布施などが必要となりますので、ある程度の現金をお手元にご用意しておかれることをおすすめいたします。
  • 御礼の挨拶は喪主がしなくてはいけませんか?
  • 厳密な決まりはありません。ご参列者への御礼ですので、ご親族の方ならどなたでも結構です。
お電話でのご相談は0120-114248へメールでのご相談はお問合せフォームへ